なぜ日本人は投資しないのか?貯金が好きなのか?

スポンサーリンク

会社で投資の話すると、あまり乗ってきてくれません。

もっと話をしてより良い方法とかを見つけたいんですけどね。

話をすると大体こう返ってきます。
・興味あるけどよくわからない

んー、もっとみんなに興味を持ってほしい。。。

やっぱり日本は貯金の文化が根強いですね。

なぜ貯金好きか調べてみました

ながしーの結論:日本人は貯金が好きなのではなく、選択肢が貯金しかない。

スポンサーリンク

なぜ貯金文化が根強いのか

日本人がなぜ貯金が好きなのか調査しました!!

・政府が貯金を奨励した。(1941年ごろ?)

 ながしーのおじいちゃんとかひいおじいちゃんの世代ですね。
 日本政府は太平洋戦争の敗戦でお金が無くなった
 政府が貯金を奨励してお金を集めたみたい

・金利もめっちゃ高い

 下のグラフを見てください(yahooニュースから引っ張ってきました)

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20180816-00092752/

普通預金で4%前後、安定して金利もらえるならウマシですよね。
これなら投資しようとか思いませんね。

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20180816-00092752/

こちらが、定期預金。5%超えてますね、
MAX7.5%
いい商品ですね。

親から貯金しなさいって言われてきた

親から貯金しなさいって言われてきましたよね?
・お年玉上げたら、無駄に使わないで貯金してね
社会人になったんだから貯金しなさいよー
とか。

そんな感じのことがおじいちゃのばあちゃんの代からずっと
言い伝えられたのだと思います。


多分ね。日本人は貯金が好きなわけではなく、

選択肢が貯金しかないんですよ!!

おじいちゃんも親も自分も 貯金しか知らないから。。。

だから投資にも目が向かないのですね!!

まとめ

日本人がなぜ貯金が好きか

・政府が貯金を奨励した(1940年代)
・金利が4%以上 投資する必要がなかった

こんな状況なので投資先が貯金 一択

貯金一択の流れが、おじいちゃんの代から引き継がれている

日本人は貯金が好きなのではなく、選択肢が貯金しかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました